名刺発注システム

名刺発注システムのおすすめの探し方

会社規模で名刺を発注したい時に使えるサービスと言えば名刺発注システムです。これは発注業務の人件費を削減できる通信費もコストカットできるので理想的な内容と言えるでしょう。また社員の名刺デザインを統一化する事が可能なのでブランド力をアピールしたい企業にも最適となっています。ウェブ上で完結できる内容で、ブラウザを使い名刺のイメージを確認できるのが特徴です。校正のやり取りをする手間もかからないためスピーディーは発注ができます。日本には数多くの名刺発注システムが用意されているのが現状です。どれが良いのかいまいちわからないという方は、選び方を知っておきましょう。今回は名刺の発注サービスについて紹介するので会社に適したサービスを探すときの参考にすると良いです。

納期までの時間を重視すると良い

数多くある名刺発注システムを利用する時に注目しておきたいのが、発注してから到着するまでの時間です。注文してから時間がかかってしまうと必要な時に使えないので最も重視する部分と言えるでしょう。早い業者なら午前中に注文をすると明日には手元に届けてくれるところもあります。これは各サービス決めている時間内に注文をすると対応できるので、素早い納期を採用しているお店にすると良いです。目安として通常の名刺発注サービスだと、注文から校正、印刷や検品に2日から3日かかります。商品の納期までトータルで5日以上の時間がかかってしまうところが多いです。特にウェブ名刺注文を行っているところなら校正のやり取りを短縮できるので素早く注文できるメリットがあります。以上を踏まえて業者を利用しましょう。

料金を比べてから利用するのが良い

各サービスによって名刺発注システムは料金に違いがあります。高すぎてもコストがかかるのでちょうどよい価格帯を選ぶのが基本と言えるでしょう。基本的に印刷代金だけでなくシステム導入費用やレイアウト作成費用が発生します。特にレイアウト作成費用は規定数以上の注文をする時追加で発生する場合があるので、確かめておくと良いです。印刷はサイズの大きいものが高く、フルカラーの商品ほど値段が上がります。ベタ塗りを行いたいときにもオプション料金が発生しますが、これはどれくらいの面積に適用するのかで変化する仕様です。サービスによっては面積に対して50%未満のベタ塗りを行う際は追加料金が発生しない場合もあります。一回の注文で規定金額以上注文すると送料無料にしてくれるサービスもあるので総合的に判断すると良いです。