名刺発注システム

基礎からわかる名刺発注システム

名刺を発注する時、会社の中には名刺を発注してくれる担当者がいて、その担当者に頼めば良いなどの会社は多いのではないでしょうか。担当者はあくまでも名刺の発注業務を兼務する人材で、普段は自分の仕事を行っています。名刺の発注は単に印刷会社とやり取りをするだけでなく、従業員全員の氏名や部署名、役職などの情報を管理し、依頼者の情報を発注時に印刷会社に提供する、名刺の校正までも行う必要があります。名刺発注システムは、こうした作業を削減出来る事や複数の拠点からの発注を1つにまとめられるメリットがあります。予め基本レイアウトを登録しておけるので、名刺に必要な情報を入力する、もしくは登録が行われている情報を呼び出すだけで発注が出来ます。さらに、上司の承諾を得た上で発注を行う方法もあります。

登録されているレイアウトは名刺デザインを均一なものに

名刺発注システムは最初に自社の名刺レイアウトを登録して運用が出来るシステムです。但し、裏面に事業所の一覧を設けるタイプ、英語表記にするタイプなどのレイアウトも登録しておく事が出来ます。利用時にはシステムにログインを行ってから名刺製作を開始します。レイアウトを選択して必要事項を入力、もしくは登録済みの情報を読み出してプレビュー画面名刺レイアウトを確認する流れになります。発注を行う時には、一旦上司に承諾を得た上で発注完了にする場合は、上司が承諾を得ると印刷会社に正式に名刺発注が行われる仕組みになっています。過去の名刺発注履歴の照会も可能になるため、名刺のコスト管理が容易に行えるメリットがありますし、発注時にプレビュー画面で内容確認が取れるため校正の手間が掛かりません。

午前中に注文を行えば翌日には名刺が届きます

名刺発注システムは名刺が必要な従業員がそれぞれ発注を行えるシステムです。上司の承認を必須としているため、無駄なコストを掛けずに発注が出来るメリットや午前中に注文を行えば翌日には名刺が手元に届きます。スピーディーに対応して貰えるため、名刺の残り枚数が少なくなった段階で発注を行えば良いのです。名刺発注システムはオンデマンド印刷で名刺製作を行っているので、システムで入力した情報を使って印刷が出来ます。印刷時に必要な刷版が不要、製版コストも掛からないので印刷コストを抑えて名刺印刷が出来るメリットもあります。印刷時に必要な校正は発注前にプレビュー画面で確認が出来るので、時間の短縮を図れるなどからも、午前中の注文の場合は当日中に発送手配が出来る仕組みを持ちます。